電話によるお問い合わせ

営業時間 8:00~17:00(水曜定休)

電話をかける

お役立ち情報

information

猫と暮らす家づくり

猫と暮らす家づくり

新型コロナウイルスが発症されてから在宅時間が増えたことにより、前以上にペットを飼育されている方が増加しています。

猫ちゃんやワンちゃんなどに癒されながら生活している人が多く、毎日の生活が楽しく、寂しさを感じることが減り、心が穏やかに過ごせる日が増えたのではないでしょうか。そんな飼い主様が、家族の一員である猫と快適な生活ができるお家づくりをしたいと言う方も増えています。

そこで今回は、猫と快適に暮らす家づくりのポイントをご紹介します!!

この記事を読めば・・・

猫の気持ちを考えた家づくりができる!
猫と快適な暮らしができる間取りの計画ができる!
快適に暮らすための注意点がわかる!

猫の特性を考えて、猫も飼い主もお互いが快適に暮らせるお家づくりをしましょう!

猫と暮らす家をお考えの方は、ぜひ参考にしてくださいね(*^^*)

快適な暮らしをするための条件

猫と快適な暮らしをするために、猫の習性を知ることが大切です。

高いところが好き


猫は高い所が大好き。冷蔵庫や食器棚などの高い所から周囲が見渡せ、見張りができるのです。

日向ぼっこが好き

日向ぼっこをする習性がある猫。日光を浴びることで体温が保て、紫外線を浴びることで体に付着しているダニの駆除や殺菌ができるのです。

狭い所が好き
警戒心が強い猫。どんな時もいつも通り安心して過ごせる場所が好きなのです。

家の中をパトロールする
縄張り意識の強い猫は、家の中の安全が保たれているかパトロールしてくれます。

爪とぎをする
爪とぎをする猫は、鋭い爪を保つことで獲物を瞬時に捉えます。爪の長さを調節することで、扱いやすくなるのです。

不衛生なところが嫌い
猫は、汚い場所や嫌なニオイがするのが嫌いでキレイ好きな動物。

猫が喜ぶ家づくりのメリットとデメリット

猫にとっても飼い主にとっても暮らしやすい家づくりは、猫を買っている方にとっては手に入れたいものです。猫が喜ぶ家づくりのメリットとデメリットを理解して置くだけで、猫と暮らす家づくりも間取りの計画も変わってきます。

メリット
・猫の好奇心を満たすことができる
・好んだ場所で楽しく遊んでいる姿を見ることができる
・猫専用ドアを設置することでドアの開閉をしなくてもよい

デメリット
・費用がかかる
・場所やスペースが必要
・猫があまり使わない可能性もある

猫が満足するキャットウォーク&ステップ

愛猫が満足するキャットウォーク&ステップとはどんなものなの?
どこに設置すれば喜んでくれるの?
猫の気持ちになって考えてみましょう。

運動好きな猫ちゃんのために
狩りをする習性がある猫は身体を動かすことが大好き!
そんな猫ちゃんが室内で思いきり運動できるスペースとして、高い所にキャットウォークを設置し、上下運動ができるようステップを取り付けてあげることで猫ちゃんのストレス解消にもなり、肥満や病気の防止にもなるのでおすすめです。

日向ぼっこ好き
日向ぼっこをする習性がある猫ちゃんは、日光を浴びることで体温を保つことができます。また、紫外線を浴びることで体に付着しているダニの駆除や殺菌もできるのです!
キャットウォークや猫ちゃんが寝るスペースの設置場所として、日当りの良い窓辺をおすすめしますが、夏場の熱中症予防のための日陰も用意しておくと良いでしょう。
また、フェンスや目隠しなどで脱走対策をしっかりしていれば、中庭やウッドデッキなどで外の空気を感じながら日向ぼっこができ、居心地の良い空間になるのではないでしょうか。

キャットウォーク・ステップの設置条件
・飼っている猫の体格に合わせる
・部材同士の水平距離は、猫がジャンプしなくても渡れる程度を目安にする
・子猫や老猫の場合、転落事故防止のためにも登れないようにするか、補助台を付ける

猫と飼い主が快適に暮らせる家の工夫

猫と飼い主のどちらも快適に暮らせる家とは、お互いがストレスなく暮らすことではないでしょうか。
お互いが快適に暮らせる家づくりの工夫すると良い点をご紹介します!

★床材と壁の工夫
ワックスなどでツルツルしたフローリングは、お家の中で飼う猫や犬にとって足腰に負担がかかります。そんな負担を軽減するためには、柔らかくて滑りにくい床材が理想ですね。
それに対応する床材として、汚れた部分だけを交換できるタイルカーペット、クッションフロア、フロアタイルなど汚れにくく傷つきにくいものから、撥水性があってお手入れが簡単にできるものまで様々な機能を持つフロア材があります。
フローリングの床材にする場合は、階段やキャットタワーなどの周りに滑りにくラグやカーペットを敷いてあげるといいですね。
また、猫の爪とぎ対策として「腰壁」にすることもおすすめです。

キッチンの工夫
人間の食べ物以外にも、小さな物を誤飲・誤食してしまわないようにペットゲートの設置、パントリー収納などにはなるべく扉付きの収納にすることで猫ちゃんにとっても飼い主にとっても安全に暮らすことができます。

配線コード類の工夫
コンセントや配線コードに興味がある猫ちゃん。歯が生え変わる時期の子猫だと、かじってしまうことも・・・。
危険な事故防止のためにも、家づくりの計画時に配線コード類を隠す計画をすると良いでしょう。
配線カバーを付けるだけでなく、使用時だけ取り出すことができる床に埋め込み式のコンセントなどがあり、見た目もスッキリ。

キャットルームを設ける
キャットルームは、来客時やお留守番など、猫ちゃんにとっても飼い主にとっても安心できる場所。
ロック機能付きの猫専用ドアを付ければ、猫の出入りも飼い主様が管理できます。

猫が過ごしやすい間取りづくりのポイント

猫がストレスなく過ごすための間取りを考える時、どんなことに注意したらよいのでしょうか。
前に述べたように、猫は運動好きで高いところが好きであったり、日向ぼっこが好きであったり、キレイ好きであったりと猫の習性を理解したうえで考えてみると良いのでは・・・
猫が過ごしやすい間取りも大切ですが、人にとっても過ごしやすい間取りになるよう考えていきましょう。

猫が安心できる場所

警戒心が強い猫ちゃんは、来客やお家でのイベントがあっても、いつも通り安心して過ごせる場所が必要です。家の中に猫の逃げ場がないと、ストレスを溜めてしまい病気になることも。猫が好きな場所に逃げ込む専用スペースとして、キャットウォークの途中などに休憩できる猫BOXを設置するのもおすすめです!

家の中をパトロール

家の中をパトロールする猫ちゃんのために、キャットウォークだけでなく、ドアや壁に猫ちゃん専用のペットドアを作ってあげることで猫ちゃんの動線が確保できます。
それにより猫がストレスなく自由に移動でき、飼い主にとってもわざわざドアを開けたり、開けたままにしておく必要もないので面倒なことも無くなります。

爪とぎ対策

愛猫にお気に入りのソファやカーテンなどで爪とぎをされたら・・・
可愛いさあまり許してしまいますが、本音はどこかショック(;_:)
爪とぎを習性とする猫のために、爪とぎ専用場所を設置することをおすすめします。
専用の柱や段ボールなどで爪とぎ場所を確保したり、壁紙や床材にも傷つきにくいものがあります。傷がつきにくいだけでなく、汚れも落としやすい床材にするとお掃除もラクになりますよね。

キャットウォークと収納棚

収納棚がキャットウォークのもなるように設置するのもありですね。
収納棚を階段状に設置すると猫ちゃんの移動ルートとなり、収納棚に扉を設ければ猫ちゃんにイタズラされる心配もありません。
見た目も良く、猫ちゃんにも飼い主様にも使い勝手が良いのでは?

食事・トイレスペース

猫はとにかく不衛生なところが嫌いです。
食事をする場所、トイレの場所などをきちんと決めてあげることが大切です。
多頭飼いの場合、キレイ好きな猫にとってトイレを共有することができません。なので、猫+1と考えて設置をしてあげます。
食事スペースやトイレスペースの確保をするのに、階段下のスペースを有効活用するなど、間取りの工夫をするのもポイントとなります。

「猫と暮らす家」施工事例紹介!!

猫ちゃんたちと暮らせる便利収納いっぱいの家

https://nagaihome.jp/works/post-5463/

陽の光いっぱいの明るい二世帯住宅

https://nagaihome.jp/works/post-11889/

収納動線が便利なL型LDKで明るいお家

https://nagaihome.jp/works/post-11128/

まとめ

今回は、猫と快適に暮らす家づくりをする際のポイントなどを紹介しました。
猫の気持ちを考えた間取りの工夫、そして飼い主側にとって快適に暮らする工夫。
猫を含めた家族みんなが居心地の良い空間をつくることで、より楽しく幸せを感じられる暮らしができるのではないでしょうか。

猫と暮らす家づくりをお考えの方だけでなく、その他ペットと暮らす家づくりをお考えの方もペットの気持ちを理解し、お互いが暮らしやすいお家づくりができるといいですね。これから猫と暮らす家づくりをお考えの方の参考になれば幸いです。